カードローンの金利について

カードローンでは金利など全く気にしないという人は少数派でしょう。やはり、同じ条件なのであれば少しでも金利が低いほうがありがたいものです。この金利は決して低いものではありません。例えば、今の時代、銀行預金をしていても、定期預金でも0%台の利率しかありません。0.1%以下ということも別に珍しくもないでしょう。にもかかわらず、カードローンでお金を借りるときには15%あたりの金利になっていることが普通で、文字通り桁違いの数字になっています。ですから、少しでも低いに越したことはありません。

カードローン会社もそのことは分かっていて、いろいろなキャンペーンを展開している会社もあります。とくに、初めてそのカードローンを申し込むような人向けに、一定の条件のもとで金利をゼロにするキャンペーンがあったりします。カードローン会社にとって金利はそれこそ収益源そのものですから、これをゼロにするというのは相当に思い切ったキャンペーンです。それだけどの会社も新規顧客を獲得したいと思っているということでしょう。だいたい、どんな人でも一つの会社に申し込めば、限度額の範囲内であればまた同じ会社から借りることを考えるでしょう。まだ同じ会社から借りられるにもかかわらず、わざわざ別の会社にまた申し込みをするという人は少ないはずです。つまり、会社にとってみれば、とにかく新規にお金を借りようとする人を囲い込むことが大事だということになります。そのためにこのようなキャンペーンをうつわけです。利用するほうとしてはせいぜい利用させてもらえばよいわけですが、いくつか注意点もあります。まず、金額や期間には当然ながら条件があります。その範囲内でしか利用できませんから、自分が利用する範囲内でできるだけ緩い条件のところを選ぶ必要があるでしょう。またこのキャンペーンは各社1回だけしか利用できないことがほとんどです。完済した後でも2回目は使えませんから注意しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク