銀行カードローンのメリットとデメリット

 

個人向け融資法品分野で大きくシェアを伸ばしている銀行カードローンですが、人気があるだけに多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットもあります。申し込む際には、それぞれの内容を確認して申し込む必要があります。まず、銀行カードローンの場合には、貸金業者ではありませんので総量規制の適用を受けません。従って、年収制限を受けることもありませんので、自身に収入のない専業主婦の申し込みを受け付けているところもあります。また、テレビCMでもさかんに宣伝しているように、利用限度額200万円、300万円までは原則として収入証明書不要というところが増えており、中には、500万円まで不要というところもあります。

次に、これが銀行カードローン最大のメリットといわれることが多いでしょうが、低金利という点です。実際には、最大金利の場合には、平均すると14%前後ということになりますが、消費者金融の場合には18%前後となりますので、4%前後は低くなるということになります。個人受け融資商品を利用する人の多くは最大金利が適用されますので、この4%前後というのが低金利の正体となります。ただし、長期間の利用になれば、4%の差は非常に大きい違いとなります。これら以外にも、銀行という安心感や申し込みやすさなどもあります。また、自動融資サービスなどの銀行ならではのサービスなどもあります。これに対して、デメリットはどうでしょうか。一般的に、銀行カードローンの最大のデメリットとなるのは、審査時間ということになります。以前に比べれば非常に早くなったとはいえ、消費者金融並みの最短30分という速度を実現しているのは、わずか数行のカードローンのみとなります。また、自動契約機を設置しているのも数行のみとなり、従って、即日融資に対応できる銀行カードローンは実質的には少ないのが現状です。広告では、即日融資を宣伝していますが、実際には審査に時間がかかることが多く、運が良ければ即日融資ということになります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク